小顔エステとは、余分な脂肪を除去したり、たるんだ筋肉を引き締めたり、むくみを解消したり、顔の骨格のゆがみを正したりして、顔痩せ効果をねらうエステティックメニューです。

エステティックサロンによっては、小顔メニューだけで多くのコースがあるので、何を選べば良いか分からなくなってしまう場合もあります。マシンを使うコースもあれば、オールハンドもあり、それらを複雑に組み合わせたコースもあります。

まずは悩みの特徴に注目してみよう

注目したいのは、それぞれの小顔エステコースが対象とする人の特徴の違いです。目安としては、脂肪太りの人であればマシンコースの「フェイシャルキャビテーション」、ほうれい線が大きいなど顔のたるみが気になる人は「リフトアップ」をします。

まぶたが重く全体が腫れぼったい人はオールハンドマッサージの「リンパドレナージュ」、顔の左右対称のバランスに違和感があれば骨格の歪みを正す「小顔整体」などを選ぶのが一般的。

自分がどのタイプか知って効果的な小顔エステ

自分がどのタイプか確認できれば、比較的容易に効果的な小顔エステを選べます。またエステサロンによって、最新鋭のマシンに力を入れているところ、ハンドテクニックのレベルが高いところなど、得意分野も違いますので、口コミなどを参考に自分に合ったコースを設けているサロンを選ぶことも大切です。

小顔エステは中学生でも施術が可能?

東京や大阪をはじめとした大都会や県庁所在地などにはエステサロンがあります。エステサロンでは様々なサービスを展開していますが、その中には小顔エステと言われているサービスを展開しているエステサロンもあります。

エステサロンで展開している小顔エステですが、中学生でも対応しています。中学生の場合には保護者の同意が必要になりますが、保護者の同意があればサービスを展開する可能性もあります。

小顔エステはまず無料カウンセリングを

エステサロンで行われている小顔エステを受ける際には最初に無料のカウンセリングを受ける必要がありますが、かなり質が高い超音波を利用して説明するので、中学生でも自分の顔の状態がよく分かります。

特に気になる部分がある際には無料カウンセリングの際に気になる点があればエステシャンに伝えれば、その点に力を置いてサービスを提供する事も可能です。

中学生が小顔エステを受ける際の支払方法とは

サービスの支払い方法ですが、通常の場合本人が現金一括払いかクレジットカードで支払いするのが基本となっています。

しかし中学生が小顔エステを受けた場合だと本人が現金一括払いやクレジットカードで支払いをするのはかなり難しいです。そのような場合には保護者が現金一括払いかクレジットカードでの支払いをすれば大丈夫です。

このようなわけで中学校に通っている生徒でも心得気なくエステサロンのサービスを受けることができますし、プロのエステシャンに依頼すれば確実に小顔になります。そのためエステシャンに依頼するのがベストです。

当サイトでは、エステサロン初心者さんでもわかりやすいようランキング形式でおすすめの小顔エステをまとめていますので、参考にしてみてください。

初心者さんでもおすすめの小顔エステランキング

授乳中の女性でもフェイシャルや小顔エステはできる?

食べ物や飲み物など、様々な制限があるのが授乳中の女性です。それでは、フェイシャルエステは受けることができるのでしょうか。基本的に体調さえ良ければ問題はないでしょう。ただし、出産後最低でも1か月以上は経過していなければいけません。

それ以降は、できるだけ主治医に相談しましょう。ただし、出産直後の体には禁忌とされる精油もありますので、事前のカウンセリングで必ず授乳中であることを伝えましょう。

授乳中のエステはリラックス目的で利用しよう

出産後はホルモンのバランスが乱れたり、夜眠れない、生活リズムを赤ちゃんに合わせることになるので不規則になってしまう場合があります。自分では気づいていなくても、心と体にかなりの負担がかかっているのです。だからこそ、時には家族が休みの時などに赤ちゃんを預けリフレッシュすることも必要です。

フェイシャルエステは優しいアロマなどを使いリラックスできる上に、美しくなることで気持ちにも良い変化があるでしょう。また、授乳中はどうしても肌が荒れがちになりますので、セルフケアだけに頼るのではなく肌へのご褒美も大切なのです。気分転換やストレス解消にエステを活用することで、お母さんにも赤ちゃんにも良い効果となるのではないでしょうか。

小顔エステは生理中でも施術を受けることができるの?

むくんでしまったり、太って顔に脂肪が付く等して、顔が大きくなってしまう事は少なくありません。ですがそんな風に顔が大きくなると、それまで似合っていた洋服もいまいち似合わなくなる等、問題が生じる事があるので、注意が必要です。

というのもファッションモデルを見ても分かる様に、大きめの顔よりも小顔の方がスタイルが良く見えるだけに、洋服を格好良く着こなす事が出来ます。

なので何とか小顔になろうと、ダイエットを開始するものの、思う様に結果が出ずに断念する女性も珍しくないです。そういった女性は小顔エステの施術を受ける事で、顔のむくみや脂肪をしっかりと取る事が出来ます。

施術を受けられるか受けられないかはお店によって違うので注意

小顔エステの施術であれば、手技や専用の器具を用いる等して、しっかりと顔を引き締めてくれるので、自力のダイエットよりも高い小顔効果を得る事が可能です。

ただし女性の場合、折角小顔エステに通い始めても、生理が始まって施術が受けられない事もあったりします。ですがそういった問題も、キレイサローネを選ぶ事により、解決可能です。

というのもエステの中には、生理中は一切施術を受けられない所もありますが、キレイサローネならば、生理中でも自己判断で施術を受ける事が出来ます。しかも小顔エステの施術であれば、生理中でも特に問題なく施術を受ける事が出来るので、おすすめです。

スリムビューティーハウスを利用する年齢層による悩みの違い

一昔前は30代や40代の女性がエステサロンに通う事が多かったのですが、現代では20代前半や10代の女性が、肌の悩みを解決するために施術を受けるようになっています。

皮膚のシミは年齢層を問わずに増えてしまうものですが、まだ年齢が10代であるにも関わらず、老化現象のようにシミが皮膚に出てきてしまう人も増加中です。小さなシミであっても放置していると、更にシミが大きくなる可能性を考えて、スリムビューティーハウスを利用する方々が増えています。

たるみが気になる方には小顔効果まで得られるよくばり美顔コースがおすすめ

スリムビューティーハウスでは皮膚のシミだけでなく、たるみの改善も同時に期待させてくれる、よくばり美顔コースの人気が向上中です。皮膚の表面を綺麗にしながら、小顔を目指せるという施術内容のおかげで、とてもお得に感じられると評価されています。

スリムビューティーハウスで顔面の筋肉を鍛えるトリートメントを受ける事で、皮膚のたるみや顔のむくみに根本から立ち向かえる点も、コンプレックスの解消に役立つことでしょう。美容液をたっぷり使いながら施術を受けていると、なんてお得なエステサロンなのかと実感できるはずです。

ほうれい線や二十アゴにも対処できますから、更なる悩みを抱える事になってしまう前に、スリムビューティーハウ乗せ術を頼りにしてみる事をおすすめします。ほうれい線などは放置していると年齢層を問わず、あっという間にほうれい線が大きくなってしまう事も多いので、なるべく早期に対処する必要がある点も意識しておきましょう。